僕、運命の人ですの木村綾乃の旦那の千葉大樹はどんな人?

最近結婚したこと、SNSでの手料理も話題になっている木村文乃さんについてまとめてみました。

結婚相手についても気になりますよね。

 

木村さんは、1987年10月19日生まれ東京都出身で、2004年にDHC協賛の映画「アダン」のヒロインオーディションに応募。

3074人の中からヒロインに選ばれ2006年公開の同作品にて女優デビューを果たしました。

2006年5月公開の映画「風のダドゥ」で映画初主演を果たし、

同年11月にNHK大河ドラマ「功名が辻」でドラマ初出演しました。

2008年秋~2009年春にかけてNHK連続テレビ小説「だんだん」に出演し、三倉佳奈演じるヒロインのライバルの舞妓役を演じました。

 

一日警察署長や社会人野球の始球式などもつとめています。

 

また、2005年~2006年にかけて、日本プロボウリング協会「DHCレディースオープンツアー」のイメージガールもつとめ、2006年1月に日本ボウリング場協会主催の

「第13回ボウリング・マスメディア大賞」にて個人賞を受賞しています。

同年、同協会のボウリング親善大使をつとめ、イベントにも参加していました。

 

順調に仕事をこなしていた木村さんでしたが、

その後、仕事に恵まれず、アトピー性皮膚炎が悪化したこともあり、カメラの前から遠ざかっていきました。

芸能活動を一時休止し、進路に迷い引退も考えていたそうです。

そこで、ファミレスやチラシ配り、病院の受付やウェディングの介添えなどいろいろなアルバイトを経験したそうです。

23歳の時に現在の事務所のトライストーン・エンターテイメントにスカウトされたことで芸能活動を再開しました。

 

その後は、事務所社長の「やるからにはトップを目指せ」という言葉に真摯に向き合い、CMやドラマでその透明感あふれる姿で、人気を集めていきました。

 

2014年1月には前年に出演した映画2作品、テレビドラマ6作品での演技により

第38回エランドール賞新人賞を受賞し、2015年4月には「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」でデビュー12年目にして連続ドラマ初主演を務めました。

 

私生活では、所属事務所が運営する俳優養成所の講師として約5年間にわたり演技指導を受けていた30代後半の一般男性と2016年11月11日に結婚し、

「下を向いて歩いていた私に勇気や力をくれた明るくあたたかい太陽のような方」とコメントしていました。

 

そんなお相手の名前は、千葉大樹さん。

1977年7月30日生まれ

俳優を志し、アメリカ留学経験もあるそうです。

アメリカで22歳の時に俳優デビューをしていたようです。

 

帰国後は映画監督や脚本家として活躍し、

2005~2009年までは映画評論家としてラジオパーソナリティも務めていたそうです。

 

木村さんが活動休止していた時に出会ったようで、

コメントにもあったようにつらい時期に支えてもらったのでしょうね